名捜査犬ココさん、


BlogPaint






ある駅に到着するなり、ニオイを敏感に察知し…






BlogPaint




…土地勘のない場所で、目的地へまっしぐら











駅から現地へ行ったことは一度もないのに、



BlogPaint







パパさんの会社まで迷わず到着…
(会社は駅から数分の距離にあります)







BlogPaint





…しかも駐車場でパパさんの車も発見




この駐車場、最近契約したばかりなのでワタクシは知らなかったし、しかも車のナンバーもいまだ覚えてないのでココさんがいなかったら見つけられなかった…










恐るべし、ココさんの鼻アンテナ…


IMG_6196



…6歳になっても感度は良好、それどころか、ますます磨きがかかったようです






いやはや、ココさんの能力には驚き桃の木でございますよ。



パパさん、ココさんの鼻アンテナが現役な限り、悪さはできませんね〜










実は、10月10日は今年の3月11日に天に召されたひいばあばの誕生日でした。

(その時の記事はコチラと、その後の葬儀関係などの記事は3月の記事をチェックしてみてね)



FullSizeRender





スイスは、20、30〜と0のつく歳の誕生日は盛大にお祝い(自腹でね)するのが当たり前。






生きてたら今年は90歳の目出度い歳だったひいばあばのお誕生日を祝ってあげようと、ばあば&ばあば妹、そしてパパさんと…


FullSizeRender



…お墓へ行って、シャンパンでお祝いしてきました







繊細なココさん、


BlogPaint



…何やら感じるものがあるらしく、感傷的になってました。


(霊感のあるミニーさんは逆に、何か見えたらしく一点を凝視してました…












お墓でシャンパン飲むなんて、日本だったら「この罰当たり者がっ」と怒られそうですが…



BlogPaint
日本じゃ考えられないわよ


…スイスではありですから。


(当たり前ですが)泥酔するわけでもなく、グラス一杯だけですしね?











BlogPaint


…ママも、そう思うわ。










ところで日本と違って、スイスのお墓はレンタルなので20年後には片されて更地になってしまいます。





この話は後日改めて書きたいと思いますが、スイスでは永代供養とか墓守とかする必要ないし、とってもドライですが、悪くないシステム(?)だと思えます。





もちろん、希望すれば家族一緒のお墓や永久に借りる(延長?)も可能らしいのですが、大半の方は個人の墓で、20年でお墓はさようならです。






ちなみに、ワタクシは散骨希望でお墓は要りません




ワタクシみたいなタイプには、スイス生活が性に合ってるのかもね?





あと19年、ひいばあばのお誕生日はお墓でお祝いです…みんな元気でいられるかしらね?







 


最後に下のココさんの写真をクリックお願いします!
(ブログランキング参加中)


     ↓ 

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

最後まで読んでくれて、ありがとうございました♪