Potato's Family in Switzerland

日本生まれのカニンヘンダックスフンドのスイス奮闘記

スイスのあれこれ

チューリッヒ空港、発熱確認の旅行者にその対応って…!?






今晩は、ロンドンから仕事関係の方がスイスに来るから夕飯はいらないと言ってたパパさん。





「お一人様だし、何食べよう〜とワクワクしてた矢先、パパさんから「今日の会合、キャンセルになった〜」と連絡が入りガッカリ。














「どうやら、お相手の方がチューリッヒの空港で発熱が確認されたって」


BlogPaint


…もう、びっくりよね?










「でも、コロナじゃないんだって?」


BlogPaint

絶対に怪しいでしょう?


…そうなのよね。












「発熱が確認されたから、即コロナ検査を受けさせられたらしいんだけど、結果がネガティブだったんだって」


BlogPaint
信じていいの?


…それは、ママも疑問に思ったのよね?














「でも、PCR検査がネガティブだったから、彼は晴れて自由の身でスイスに入国したらしい…」


BlogPaint


…結果がネガティブだから、必要なしだって。















「そんなんで、スイスは大丈夫なんだろうか…?」


BlogPaint
止められないのね?


…止められないし、止まらないわね?












コロナ第2波で、感染者が再び増加してるスイス…

FullSizeRender
もう、誰にも止められない?



…独自の防止措置を実施するカントン(日本でいう都道府県)が、どんどん増え、緊張感が漂い出しております(少しだけですが)。





水際対策にも限界があるのでしょうが、発熱が確認された方(しかも感染者が拡大中なイギリスから来てる)を、1度の検査が陰性だからと早々に自由にしてしまっていいの???


しかも自主隔離の必要がないので、自由に動き回って良いらしいし。








あぁ。


ダイエッターが不在だから、がっつり肉焼いて一人宴会しようと思ってたのに…もうテンションだだ下がりですから?

(結局は肉が重要なワタクシ?)










 


最後に下のココさんの写真をクリックお願いします!
(ブログランキング参加中)


     ↓ 

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

最後まで読んでくれて、ありがとうございました♪

 


カボチャの煮物、お国が変われば立ち位置も変わる…!?









10月になったので、


BlogPaint



…ミニサイズのカボチャやトウモロコシを買ってみました。





デコってたら、カボチャが無性に食べたくなってしまい、農家へ日本のカボチャを買いに行ってカボチャの煮物を作ることに。




時々、無性に食べたくなるカボチャの煮物…あぁ、スイスで日本のカボチャを生産してくれてる農家さん、ありがとう!









ところで、カボチャの煮物って日本ではおかずに分類されますよね?


ところが、甘しょっぱい味付けのせいか、パパさん(スイス人)はおやつだと言うんですよね〜


 


お国が違うと、カボチャの煮物も扱いが違うようです。














「どう考えても、おかずよね〜???」


BlogPaint




 …えぇ〜っ













「だって、日本はご飯と一緒に食卓に並ぶわよ?」


BlogPaint
 

…なぜ、塩キャラメル?













「だいたい、塩キャラメルはおやつに決まってるでしょう?」



BlogPaint


…そう言われてもっ








「カボチャの煮物はご飯のおかず」と教えられて(?)生きてきたワタクシとしては、おやつだと言われても納得できず。





でも、あの甘さにしょっぱさが混ざった感じは、おやつと言われたらおやつでもいいのかな?








…カボチャの煮物って、副菜でいいのよね?















 


最後に下のココさんの写真をクリックお願いします!
(ブログランキング参加中)


     ↓ 

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

最後まで読んでくれて、ありがとうございました♪

 

 

コロナで郷土料理が食べにくくなる…!?









10月になり、


BlogPaint





散歩道には…





BlogPaint

 

…牛さん達の姿が見られるようになりました。













山から無事に帰還した牛さん達、


BlogPaint
 私の方が年上よ?


…おチビだけど年配ミニラにご挨拶です










牛さん達のご挨拶に、


BlogPaint


…ミニーさん、まんざらでもなさそう?












「牛さん達も冬ごもりの準備を始めたし、冬はすぐそこまで来てるわね?」


BlogPaint
ラクレットもいいわね〜


…通年だったらね?














「でも、今年はコロナでフォンデュの出番は減少するかもね?」


BlogPaint
スイスといえばチーズフォンデュなのに?


…同じ屋根の下に住むもの同士だったら大丈夫じゃない?







”今年はフォンデュ食べる事ができるの?”という新聞記事を見て、確かにコロナ禍で家族以外の方々とフォンデュは難しいのかもと驚愕しました。





冬といえばフォンデュなのに…ってことは、日本は鍋をみんなで食べれないって事?
(同じ屋根の下に住む家族以外って意味です)




フォンデュたべれないのは苦じゃないけど、鍋が一緒に食べれないのはショッキングかも。





確かに、一緒にフォンデュ食べませんかとはこのご時世、言いにくいし誘われても困るかも。


なんだか今年の冬は心身ともに寒さが増しそうね?











 


最後に下のココさんの写真をクリックお願いします!
(ブログランキング参加中)


     ↓ 

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

最後まで読んでくれて、ありがとうございました♪

 







コロナで、スイス人の財布の紐が固くなった…!?




深夜まで続いた花火の騒音で、眠れぬ夜を過ごしたココさんですが…



FullSizeRender



…爆発音に心臓発作を起こす事もなく、今年もココさん生き延びました











翌朝、


BlogPaint









湖畔など、打ち上げ花火の痕跡があちこちに見られましたが…








BlogPaint


…花火の後のゴミは綺麗に片付けられておりました。




(当たり前ですが)ゴミはきちんと片付けるところは、さすがスイス人です
















「ココさん、これで大晦日までは花火の心配はないわねっ」

(スイスで個人が花火をすることができる日は、建国記念日と大晦日のみです)



BlogPaint
生きてることに感謝よねっ


…誰に感謝?










BlogPaint
去年より少なかったしね?


…そ、そういえば?












「もしかしたら、コロナで今年はみなさんお財布の紐が固くなってるのかも?」


BlogPaint



…そうかもしれないわね?










「花火、めちゃ高いから、ちょっと買っただけで○万円しちゃうしね」


BlogPaint


…あくまで推測の話よ?












「何はともあれ、ココさんにとっては良かったわ」



BlogPaint
心臓発作は困りますよ?



…う〜ん、どうかな?













「すべてはコロナ次第?」


BlogPaint
花火は嫌だしな〜


…ココさん、何をのんきなっ








今年のスイスの誕生日は例年に比べて静かだったような。


コロナでお財布の紐が固くなってるのかなぁ…それとも、みんな何処かへ旅に出た?





景気が悪いのは由々しき事態よね?


ココさんには辛いけど、大晦日は景気良くドカンドカンと花火がうち上がるといいわね…










 


最後に下のココさんの写真をクリックお願いします!
(ブログランキング参加中)


     ↓ 

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

最後まで読んでくれて、ありがとうございました♪

 

 

スイスのお誕生日は、ココさんの試練の日…!!





8月1日は…


image





スイスのお誕生日でございます🎉🎉🎉








スイス人にはめでたいけど、


image


…ココさんにとってはありがた迷惑なでございます





年に2度の個人で花火が許される娯楽日でもあるスイスのお誕生日、


BlogPaint



…終日打ち上げ花火の音でココさん大パニックなわけでして。











湖畔には、


BlogPaint








本日のめでたい日のために…







BlogPaint


…今年もいたるところに仮設ゴミ箱が設置されておりました。


お祝いで浮かれまくろうが、花火打ち上げまくろうが、ゴミはゴミ箱にの精神はスイス人ならではです






BlogPaint
ゴミが減って環境にも良いし?


…そうなんだけどね?











「でも、年に2度の花火の日を奪うのもかわいそうだし?」


BlogPaint
私の寿命が年々、縮まってるんですけど?


…ココさんには長生きしてもらわないとママが困るんですけど?














「でも、あの破裂音がないと迫力に欠けるような気が?」


BlogPaint
花火が大事なの?


…も、もちろんココさんに決まってるでしょうっ












毎年、スイスの誕生日はどうしようか悩むのですが…


BlogPaint



…未だ、パパさんと相談中で良い案なし。












さて、今年はどうなることやら…


BlogPaint
なんで誰も私を心配しないの?


…ミニーさんは何とかなっちゃうじゃない?










どうか今年もココさんが心臓発作を起こさずに、無事に生き延びられますようにっ








 


最後に下のココさんの写真をクリックお願いします!
(ブログランキング参加中)


     ↓ 

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

最後まで読んでくれて、ありがとうございました♪

 




 
記事検索