Potato's Family in Switzerland

日本生まれのカニンヘンダックスフンドのスイス奮闘記

スイスのあれこれ

世界トップ50にランクインするスイスのスターシェフ…!?




世界のベスト50レストランで47位(2018年)を獲得し、ミシュラン3つ星&Gault-Millau19ポイントの、スイスのスターシェフが…


FullSizeRender
42歳とは思えない貫禄は成功者ゆえ? 



…この方、Andreas Caminada氏









満を持して、


FullSizeRender



…2月19日にチューリッヒに彼の新しいレストランIGNIVがオープンするということで、オープニングにパパさんと行ってまいりました









去年から新聞等メディアで取り上げられまくりだったので、どんな美味しいものが食べられるのかと期待度なワタクシ。










まずは、バーでオリジナルのカクテル(生姜を使ってた)のアペロ。




スター自らお出迎えしてくださり、そして…


FullSizeRender

スターシェフのご挨拶。



(みなさんが写真を撮ってたので、つられてワタクシも写真撮影してみました…)













その後は、

IMG_4689


…アミューズ4品から晩餐会(?)の開始。









アミューズに続きまして、



IMG_4690
IMG_4691

…これ全部前菜。


水キムチやキムチパウダー、海苔やわさびも使われてました。







そして、


BlogPaint
IMG_4681

…メインがずら〜り。









さらに、

FullSizeRender

…デザート6品。




これでもかと出てくる料理の数々に、胃袋は完全ノックアウト



この後、締めにプラリネやらキャラメルやらが7品あったのですが持ち帰りさせていただきました












ちなみにプロが撮ると、
FullSizeRender

FullSizeRender


…こんな感じ。












アジアンも盛り込まれたフュージョン料理でしたが、こういう目で楽しめる料理はスイスで珍しいかも。



BlogPaint


…めちゃ美味いって感じではなかったけどね。














「食材の組み合わせ方とか面白かったかな?」


BlogPaint


…凡人で悪かったわね















「スイスで水キムチやら海苔なんて馴染みのないものを使われたら、みんなは驚きまくりよね〜」


BlogPaint


…それだけで3つ星は取れないでしょう?















「ママには涙出るほどの感動はなかったけどね」


BlogPaint

…えっ!?














「彼は世界のベスト50レストランにランクインする実力者なのよね…涙流して感動するべき?」


BlogPaint


…なんか自信なくなってきたかも?








ワタクシの食通な友人夫婦だったら、この良さを理解できちゃったりするのかしら?



もしかして、ワタクシって本当にバカ舌だったりして!?




そういえば、3つ星目指すドラマ、グランメゾン東京でキムタクが作り出す料理も、発想が斬新だし見た目も美しく繊細で細部にまでこだわってたっけ。




スターシェフの料理も、芸術作品のようだったし、味の想像が安易につくようなメニューじゃ3つ星は取れないのね。





(ちなみに、これらの料理に合わせたチューリッヒのワインがペアリングされておりました…さすがスイス人。スイス愛ですか?)












 


最後に下のココさんの写真をクリックお願いします!
(ブログランキング参加中)


     ↓ 

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

最後まで読んでくれて、ありがとうございました♪

 
















 

パパさんのギプス、取れたのはいいけれど…!?




年末大清算で駆け込み骨折&靭帯損傷をしたパパさん、やっとギプスが取れました。



FullSizeRender
さようなら、松葉杖!



ギプスは外れたけれど、靭帯は完治してないので今後2ヶ月は要注意な生活が続きますが、自由に動けるようになりパパさん大喜び。


やっとパパさんの召使いから解放され、ワタクシも自由の身です







当日、レントゲンとMRIの結果次第でギプスを外す予定だったのですが、「MRIは高いから省略でいいよっ」と、レントゲンのみで診断することになったパパさん。





そんな適当でいいのかと思ったら「ははは、大丈夫。でも、あと2ヶ月は運動は禁止ね。散歩も1kmまでね」という主治医さん。









おいおいおいっΣ( ̄ロ ̄|||)



それって、医者の勘で判断してる?それとも経験ゆえ下した診断?





撮影して目で見て確認しないのって、ミニーさんの時と全く同じじゃないっ

(ミニーさんの時は、レントゲン写真では一箇所はくっついてなかったのに「もう大丈夫っ」って言われたし)









そして、


BlogPaint



太陽が出てたら…




BlogPaint



足を外に出して日光浴させてねだそうな。






「太陽光浴びてビタミンDをチャージして骨を強くしてね」と言いたいことはわかるけど、今のご時世に原始的すぎない?





さすが散歩は百薬の長と思ってるスイス人らしい発想だけど、昼間働いてる人間に日光浴する暇はどこにある?













「全くもって意味不明…」


BlogPaint
医者が言うなら大丈夫なのでは?


…そうだとは思うけど。









「だいたい、MRIは高いから撮らなくていいって、そのために保険だし、今使わなくていつ保険使うのよね?」


BlogPaint
医療費軽減したら謝礼金がもらえるとか?


…まさか、そんな事っ

















「まぁ、レントゲンは撮ったから大丈夫なんだとは思うけど…」


BlogPaint


…現実的に不可能でしょう?














「パパさん、すぐさま薬局に駆け込んだわよ」


BlogPaint
散歩でなくて?



…手っ取り早いし、確実だしね?







エセ母娘と散歩に行きまくってるワタクシでも、血液検査でビタミンDが引っかかるのに、日光浴をたまにしたぐらいでビタミンDなんてチャージしきれないわよね?


(ワタクシもお医者様からビタミンDの液体を摂取させられてたのですが、昨年からは「まだ足りてはないけど、あとは散歩でなんとかなるねっ」と言われ、散歩でせっせとビタミンDチャージしております)






スイスの医療は高水準なはずなのに、やっぱり理解しきれない…















 


最後に下のココさんの写真をクリックお願いします!
(ブログランキング参加中)


     ↓ 

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

最後まで読んでくれて、ありがとうございました♪

 





スイス、マスクに対する考え方が違いすぎ…!!





日を追うごとにコロナウイルスの感染者が増え続ける中、



FullSizeRender



…なぜかスイスは未だ感染者ゼロ。


スイス人のことだし、絶対に医者に行ってないだけだと思えてならないのはワタクシだけかしら?










ここ最近スイスでは、


image


…マスクの値段も高騰し、売り切れる薬局もあるのですが、誰もマスク装着してないのよね。



買ってる方々、どこで着用してるのかしらね?









話が変わりますが、ワタクシのジム仲間のご年配夫婦(スイス人)、明後日からカンクーンに出かけるというので、「マスクあげようかな〜?」とパパさんに言ったら、「必要ないからっ」と一言。





ワタクシ :「万が一ってこともあるし、飛行機や空港内で使った方がいいんじゃないの?」





パパさん :「重篤な人以外はマスクを着用する必要なしと、スイス連邦としてのお達しも出てるから」



ワタクシ :「えっ、それって、普段マスクをしない人たちが一斉にマスクを着用したら、何事かと逆に国民を不安にさせてしまうから?」




パパさん :「ははっ…マスクを着用すると口とマスクの間が密閉され湿度も増し、ウイルスがさらに増殖して危険だからだって」



ワタクシ :「えぇぇ…っ」 







マスクでウイルス増殖って考え方、日本でマスクと共に生きてきたワタクシにはびっくり仰天。



お国が変われば、考え方(方針?)も大きく変わるのね… 












「でもねぇ、マスクした方が良いと思うんだけどね…」


BlogPaint


…いろんな意味でね。












「でも、自己防衛能力は日本より長けてるし、大丈夫なんだと思うんだけど…」


BlogPaint


…いや、どうなのかしら?










「まだ感染者が出てないからで、感染がスイスで拡大したらマスク着用になるとか?」


BlogPaint


…ママは怪しいと思ってるけど?












「国際会議の連発だし、中国人を含め海外からの出入りも激しいのに無事ってありえる?」


BlogPaint


…みんな、今頃お茶飲みまくりよ?







風邪引いたぐらいで医者に行くのは、スイスじゃありえないのよね。




「風邪引いちゃった。病院行って抗生物質もらってこようっと」と、すぐ病院に行ける日本と大違い。



医療費もバカ高いのもありますが、病院に行く=自分は弱すぎ?と、あまりポジティブなイメージはないようです。



スイス人曰く、風邪ぐらいなら、お茶(風邪用のハーブティー)と、あとは散歩でなんとかなるらしいです…




スイス人がマスク着用する日が来ませんように






 


最後に下のココさんの写真をクリックお願いします!
(ブログランキング参加中)


     ↓ 

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

最後まで読んでくれて、ありがとうございました♪

 

 

教科書に書き込みする日本人、書き込まないスイス人…!?




本日は古本の回収日だったので、


FullSizeRender

必要ないパパさんの日本語学習の教材と、この先読まないであろう古本をまとめて家の前に出しておいたら、日本語教材のみが回収前に消えておりました。














「どなたか、日本語に興味あるのかしらね?」


BlogPaint


…かれこれ15〜20年前のもの?














「この街のどこかで日本語を学ぼうとしてる誰かがいるのは確かなようね?」


BlogPaint
日本語教えてあげるのに?


…えっ?













「ココさん、日本語できるの?」


BlogPaint
わんわんわわ〜んっ♪


…それって、日本の犬語?











「何にせよ、日本語に興味を持ってくれるのって、なんだか嬉しいわねっ」


BlogPaint
喜ぶのでは?


…パパさんが捨てたのって、色なし、絵なしのヤル気半減する教材ばかりだったものね〜













「しかも、20年近く前ので古臭い表現とかのってたし?」


BlogPaint

 

…パパの日本語はオネエ語?





パパさんの日本語、語尾に「ね〜」がやたら多い。


まぁ、ワタクシの日本語をパパさん覚えちゃってるので 、オネエ系になっても仕方ないのですが











ところで教科書に書き込みまくる日本人と違い、教科書に書き込むことをしないスイス人。



スイスは、小学校で使う教科書は学校から借り出されるもので、学校に返さなくてはいけません。



返された教科書は次の子供たちが使うので、教科書に書きこみは絶対にダメ。キレイに使うのが当たり前です。





パパさんが捨てた教材も中身はキレイなままなので、誰かが使っても問題無しでございます





 





 


最後に下のココさんの写真をクリックお願いします!
(ブログランキング参加中)


     ↓ 

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

最後まで読んでくれて、ありがとうございました♪

 
 

スイス人、37度は平熱なので病院に行きません…!?





昨日の強風で我が家のテラスに飛んできた、謎の飛行物体…


BlogPaint


…未だ、持ち主現れず。











いつまで不法占拠を続けるのか…


BlogPaint



…早く片付けたいけど、そうもいかず。


どうせなら、連絡先を記入しておいて欲しかったわ











ところで、コロナウイルス。



クルーズ船のニュース、スイスでも流れてました…乗客の皆さん、大丈夫なんでしょうか…?




欧州でも感染者はポツポツ増えてるのですが、不幸中の幸いでスイスは未だ感染者ゼロです。








「スイス人、病院に行かない人種なので、もしかしたら発見されてないだけで感染者は既にいるのかもしれないけど?」



BlogPaint



…そうなのよね〜












「ママ、37.2度熱があって医者に行ったら、こんなの熱じゃないって笑われたわよ…」



BlogPaint
大丈夫って言われたし?


…実際、大丈夫だったけどね?













「本当に感染者いないのかしら〜?」


BlogPaint
アジア人差別も始まっちゃう?


…そうならない事を願うけど?














「アジア人差別が激化したら、ママはココさん達と日本に非難(?)しますとパパに言ったら、差別されるとしたらママだけじゃない?って言われちゃった


BlogPaint
ワンコに差別はしないでしょう?


…ひどいっ










「ママが虐められないためにも、日本人アピール頑張らないとっ」


BlogPaint
ジャパンユニフォーム見つけたの?


…3着注文しましたっ
















「名前入れに7営業日かかって、それから航空便でスイスに送ってもらうから、届くのは下旬頃ね〜?」


BlogPaint



…スイス人の親日感情に期待するのっ










お隣フランスではアジア人差別が激化してるようですが、スイスでは偏見なく平和な毎日を送れてます。



お国柄の違いを改めて感じる今日この頃です。









 


最後に下のココさんの写真をクリックお願いします!
(ブログランキング参加中)


     ↓ 

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

最後まで読んでくれて、ありがとうございました♪

 




 
記事検索