Potato's Family in Switzerland

日本生まれのカニンヘンダックスフンドのスイス奮闘記

#カニンヘンダックスフンド

世界トップ50にランクインするスイスのスターシェフ…!?




世界のベスト50レストランで47位(2018年)を獲得し、ミシュラン3つ星&Gault-Millau19ポイントの、スイスのスターシェフが…


FullSizeRender
42歳とは思えない貫禄は成功者ゆえ? 



…この方、Andreas Caminada氏









満を持して、


FullSizeRender



…2月19日にチューリッヒに彼の新しいレストランIGNIVがオープンするということで、オープニングにパパさんと行ってまいりました









去年から新聞等メディアで取り上げられまくりだったので、どんな美味しいものが食べられるのかと期待度なワタクシ。










まずは、バーでオリジナルのカクテル(生姜を使ってた)のアペロ。




スター自らお出迎えしてくださり、そして…


FullSizeRender

スターシェフのご挨拶。



(みなさんが写真を撮ってたので、つられてワタクシも写真撮影してみました…)













その後は、

IMG_4689


…アミューズ4品から晩餐会(?)の開始。









アミューズに続きまして、



IMG_4690
IMG_4691

…これ全部前菜。


水キムチやキムチパウダー、海苔やわさびも使われてました。







そして、


BlogPaint
IMG_4681

…メインがずら〜り。









さらに、

FullSizeRender

…デザート6品。




これでもかと出てくる料理の数々に、胃袋は完全ノックアウト



この後、締めにプラリネやらキャラメルやらが7品あったのですが持ち帰りさせていただきました












ちなみにプロが撮ると、
FullSizeRender

FullSizeRender


…こんな感じ。












アジアンも盛り込まれたフュージョン料理でしたが、こういう目で楽しめる料理はスイスで珍しいかも。



BlogPaint


…めちゃ美味いって感じではなかったけどね。














「食材の組み合わせ方とか面白かったかな?」


BlogPaint


…凡人で悪かったわね















「スイスで水キムチやら海苔なんて馴染みのないものを使われたら、みんなは驚きまくりよね〜」


BlogPaint


…それだけで3つ星は取れないでしょう?















「ママには涙出るほどの感動はなかったけどね」


BlogPaint

…えっ!?














「彼は世界のベスト50レストランにランクインする実力者なのよね…涙流して感動するべき?」


BlogPaint


…なんか自信なくなってきたかも?








ワタクシの食通な友人夫婦だったら、この良さを理解できちゃったりするのかしら?



もしかして、ワタクシって本当にバカ舌だったりして!?




そういえば、3つ星目指すドラマ、グランメゾン東京でキムタクが作り出す料理も、発想が斬新だし見た目も美しく繊細で細部にまでこだわってたっけ。




スターシェフの料理も、芸術作品のようだったし、味の想像が安易につくようなメニューじゃ3つ星は取れないのね。





(ちなみに、これらの料理に合わせたチューリッヒのワインがペアリングされておりました…さすがスイス人。スイス愛ですか?)












 


最後に下のココさんの写真をクリックお願いします!
(ブログランキング参加中)


     ↓ 

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

最後まで読んでくれて、ありがとうございました♪

 
















 

パパさんのギプス、取れたのはいいけれど…!?




年末大清算で駆け込み骨折&靭帯損傷をしたパパさん、やっとギプスが取れました。



FullSizeRender
さようなら、松葉杖!



ギプスは外れたけれど、靭帯は完治してないので今後2ヶ月は要注意な生活が続きますが、自由に動けるようになりパパさん大喜び。


やっとパパさんの召使いから解放され、ワタクシも自由の身です







当日、レントゲンとMRIの結果次第でギプスを外す予定だったのですが、「MRIは高いから省略でいいよっ」と、レントゲンのみで診断することになったパパさん。





そんな適当でいいのかと思ったら「ははは、大丈夫。でも、あと2ヶ月は運動は禁止ね。散歩も1kmまでね」という主治医さん。









おいおいおいっΣ( ̄ロ ̄|||)



それって、医者の勘で判断してる?それとも経験ゆえ下した診断?





撮影して目で見て確認しないのって、ミニーさんの時と全く同じじゃないっ

(ミニーさんの時は、レントゲン写真では一箇所はくっついてなかったのに「もう大丈夫っ」って言われたし)









そして、


BlogPaint



太陽が出てたら…




BlogPaint



足を外に出して日光浴させてねだそうな。






「太陽光浴びてビタミンDをチャージして骨を強くしてね」と言いたいことはわかるけど、今のご時世に原始的すぎない?





さすが散歩は百薬の長と思ってるスイス人らしい発想だけど、昼間働いてる人間に日光浴する暇はどこにある?













「全くもって意味不明…」


BlogPaint
医者が言うなら大丈夫なのでは?


…そうだとは思うけど。









「だいたい、MRIは高いから撮らなくていいって、そのために保険だし、今使わなくていつ保険使うのよね?」


BlogPaint
医療費軽減したら謝礼金がもらえるとか?


…まさか、そんな事っ

















「まぁ、レントゲンは撮ったから大丈夫なんだとは思うけど…」


BlogPaint


…現実的に不可能でしょう?














「パパさん、すぐさま薬局に駆け込んだわよ」


BlogPaint
散歩でなくて?



…手っ取り早いし、確実だしね?







エセ母娘と散歩に行きまくってるワタクシでも、血液検査でビタミンDが引っかかるのに、日光浴をたまにしたぐらいでビタミンDなんてチャージしきれないわよね?


(ワタクシもお医者様からビタミンDの液体を摂取させられてたのですが、昨年からは「まだ足りてはないけど、あとは散歩でなんとかなるねっ」と言われ、散歩でせっせとビタミンDチャージしております)






スイスの医療は高水準なはずなのに、やっぱり理解しきれない…















 


最後に下のココさんの写真をクリックお願いします!
(ブログランキング参加中)


     ↓ 

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

最後まで読んでくれて、ありがとうございました♪

 





街の生き神様、暖冬で早々にご帰還ですか…!?






わが街のシンボルと言えば、



FullSizeRender




…そう、コウノトリ様。













長年住み続ける、生き神様の様な存在のコウノトリ一族…



BlogPaint



…暖冬ゆえか、越冬を早々に切り上げ、マリーナにある自宅(?)に舞い戻っておりました。





ちなみに、マリーナにはコウノトリ様の住居用の木が何本もあります…わが街の一等地に居を構えるコウノトリ様、なかなかの上級住民でございます。











「あまりの暖冬に、早々にご帰還されたみたいね?」


BlogPaint








BlogPaint


 …ポカポカよね〜











「とうとう今年は雪は降らなかったわね…」


BlogPaint


…ママに言われてもっ












「ママだって、雪が降らないのはスイスに越してきて初めてなんだけど?」


BlogPaint
スイスについてきたのにっ


…えっ、そうだったっけ?












BlogPaint



…詐欺って大げさなっ











「雪山連れてってあげたし?」


BlogPaint

 


…雪は降ってなかったけど、雪遊びはできたじゃない? 











ミニーさんがスイスに越してきた時は、


FullSizeRender


…大雪で、お散歩デビューも雪だったし、雪三昧だったのにな。






寒いの苦手だけど、スイスなのに雪が降らないのって何だか寂しいわね。



スイスの氷河が溶けて無くなる日も、現実的になってきたかも…









 


最後に下のココさんの写真をクリックお願いします!
(ブログランキング参加中)


     ↓ 

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

最後まで読んでくれて、ありがとうございました♪

 


 

ミニラの武器って、効力あるのはあと何年…!?








チワワも吹っ飛ぶ強風以降、久々に森に散歩に行ってみることにしたエセ母娘ですが…





BlogPaint






森の入り口付近には…






IMG_4591




…倒れた木々が横たわってました














「森は危険が伴いそうなので、いつもの散歩コースでいいわよね?」


BlogPaint



…そ、それはっ












「例えば、地盤が緩んでるとか、倒木しそうな気が倒れるとか二次災害的な?」


BlogPaint
何かあったら逃げられないと?


…ぐさっ









「ママはココさんたちを心配してるだけなんですけど?」


BlogPaint


…確かにココさんの運動の緑も、危険察知センサーも素晴らしいけど。














「ミニーさんは鈍いから、間違いなく事故るわね?」


BlogPaint
自らを犠牲にして守ってくれるのでは?














「え、ママですか?」


BlogPaint


…お前はキャバ嬢かっ












「ミニーさん、どこでそんな技(知識)を身につけたの?」


BlogPaint
おかしいわね?














「ココさんは男前なのに、娘はキャバ嬢って…」


BlogPaint
パパがミニーに教えたのよっ


…えぇーっ










そうか…



パパさんが日本のキャバ嬢のことをミニーさんに教え込んだのか?






ミニーさん、若さを武器にできるのはあと数年よ?








 


最後に下のココさんの写真をクリックお願いします!
(ブログランキング参加中)


     ↓ 

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

最後まで読んでくれて、ありがとうございました♪

 

 

ココさんの狩猟犬の本能が目覚める時…!?






散歩中、


BlogPaint










遠くでキューキューと、小動物らしき鳴き声(悲鳴?)を耳にしたココさん…








BlogPaint

 


…慌てて、声のする方へ走り出しました 











狩猟犬の本能にスイッチが入ったのか、


BlogPaint
 獲物を見失っちゃうわよつ








マイペースに散歩を楽しむミニーさんをけしかけ…








BlogPaint


…獲物(?)に向かって突き進むっ















獲物を射程距離に捉えたココさん、


BlogPaint



…興奮度MAXで、もはや制御不能状態に















後ろから殺気(?)を感じたのか、



BlogPaint


 
…早足で逃げるイスラム系ママさんと、獲物を狙う日本ワンコの一騎打ち












ココさんの意味不明な気迫に圧倒され、


BlogPaint



…ミニーさんは早々にリタイア。











キューキューないてたのは小動物でなくて、ベビーカーの軋み音だった事に気付いたココさん…



BlogPaint

 

…一気にテンションダウンです。











「だいたい、なんでタイヤの軋みに興奮するのよ?」 


BlogPaint



…そんなもの?













「ミニーさんは反応してないのにね?」


BlogPaint


…確かに、そうかもね?









ワンコのおもちゃのキューキュー音(小動物の鳴き声というか悲鳴?)にもビビるミニーさん。



良くも悪くも、室内でぬくぬく育ったせいで野生では生き延びれなさそうです

 


ココさん、追っかけるのは本能ゆえだと思うのですが、その後どうするつもりだったのかしら…?




まさか、獲物を仕留めてお土産にするとか…それだけは勘弁してっ







 


最後に下のココさんの写真をクリックお願いします!
(ブログランキング参加中)


     ↓ 

にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ
にほんブログ村

最後まで読んでくれて、ありがとうございました♪

 

 
記事検索